グンマー鯰兄弟(仮  
パタン 旧王宮広場@2007


プロフィール


kaopat14

Author:kaopat14



最新記事




最新コメント




月別アーカイブ




カテゴリ


事件、事故@夜釣り。 (4)
鯰(色々な)フックシステムについて考える。 (0)
釣り自己満動画倉庫 (1)
箱スチ (11)
川 (6)
戻り (3)
虹鱒1 (3)
湖 (3)
虹鱒2 (0)
挨拶 (0)
釣りその他雑談 (14)
奴隷解放活動 (9)
釣り以外のすべるかもしれない話 (3)
北関東鱒釣物語 (0)


FC2カウンター




検索フォーム




QRコード


QR


2012.11.11  vol2 朝まで生中州@温井川 <<10:52


鯰兄単独釣行時のお話。

その日もいつも通り釣りを楽しんでいました。
ある一投を投げた所何も無いと思われる所で根掛かりしてしまったそうです。

『二面護岸されていてその護岸の何も無い真下なのに変だな』

その頃はまだ糸にナイロンを使っていたのでおっかなびっくり取れるか取れないかの
やりとりなので暫くやってもびくともしません。

痺れを切らし対岸に渡り護岸の真下を覗くと布製の一番厄介な蛇籠に引っ掛かって
いました。
場所的に護岸の真下なので岸に近く水も少なく中洲を形成しているような状態です。
しかし取りに行きたいけど推定高さ2.5mの護岸を上がって来れないのは最悪だが
目の前に見えてて諦めるのも悔しいので取りにいくと決意しました。

そして何か使えるものはないかと見渡したところ
細いロープに杭が巻き付けてあるものを発見www(これ罠でしょ わざわざ見つけてるしw)

その杭を深く刺しロープを伝い護岸を降りる!!
そしてそれを又登ってくる!!

脳内では『完璧!!』 と思ったそうです。

慎重にロープを伝いルアーを無事に回収し登って来る途中で… 

スコーン!!!

あれっ!! 
ロープを持って気張って重くなっていた身体が軽くなります
上を向いた顔は満天の星空を見上げます
そのまま背中から川面へダイブです

えぇ…杭が抜けましたwww

あまりの修羅場に全身濡れ濡れで中州にて抜けた杭を持ち呆然とする鯰兄…www

まさにその中州は『孤立無援の楽園』状態ですwww

時間が過ぎ冷静になった鯰兄は
『明日仕事なのにこのままボッチで朝まで中州でステイか…』
と呟いたとか呟かなかったとか…

No.3 / 事件、事故@夜釣り。 // PageTop▲

2012.11.11  vol1 ウォータースライダー@井野川遊園地 <<09:39


未だに忘れないそして忘れてはならない鯰初釣行の時、
トラブル担当、鯰兄がやらかしました。

今考えると軽い気持ちと軽装備でよく夜釣りに行ったものです。
タイトル通り場所は井野川。夜とはいえサイクリングロードがすぐ脇を走っており
人通りも全く無い訳でもないのも軽い気持ちでの釣行に拍車が掛かったのだと思います。

装備的には竿とネット位www
いくらなんでも舐め過ぎです。長袖すら着ていません。
その日は鯰弟の乗用車の乗り合いでポイントに向かいました。
街灯が有るのも知っていたので余裕でしょうと…

釣り始めて数分鯰兄が土手をフラフラ上流に向かって歩き出しました。
それをたまたま橋の上より眺めていた鯰弟。

歩いていた鯰兄が鯰弟の視界から一瞬消えます。

んん!!! 鯰弟何事かと橋より覗き込んだその刹那…
斜めにコンクリート護岸された流れ込みの上より
竿を持ったままウォータースライダーよろしくサラサラ流れて行き
そのまま川の本流に身体が投げ出されます。

一瞬何が起こったのか理解出来ない鯰弟。
スローモーションで時が流れます。
本来ならばすぐに助けに行かなければならない状況なのですがあまりの惨状に
思わず顔を背ける鯰弟。(現実逃避)

しかし川の流れはそんな甘い現実とは裏腹にワンペースで流れていきますが、
泳ぎが達者な鯰兄を知る鯰弟は橋から見るに竿を持ったまま余裕で岸に向かって
泳いでいるものかと思いました。

時間で言えば30秒くらいでしょうか、
全身ずぶ濡れになった鯰兄が自力で岸に上がって開口一番、

くぁwせdrftgyふじこlp~!!!  

お約束です。何言ってっか分かりません。

勿論釣りは中止。車内が臭くなるので徒歩で帰らせようとしましたが流石に
可哀相なので助手席にシートを敷き帰りました。

帰宅後、鯰兄嫁に鯰弟が一緒なのに何でよっ!! とキレられましたwww
鯰弟の私、どんな立ち位置だよwww

鯰兄の腕にはその時の傷が生々しく残っており、軽い気持ちで行くものではないと
自戒を込め十字架を背負った気持ちで眺めております。

その後、釣り道具より夜釣り七つ道具に投資額が増えたのは言うまでもありません。



No.2 / 事件、事故@夜釣り。 // PageTop▲

 Home